MENU
ご予約
地図

スタッフ紹介

カイロプラクティックは、世界保健機関(WHO)に認められたヘルスケアです。

残念ながら日本ではまだカイロプラクティックが法制化されていませんが、当院ではWHO策定のガイドラインが提唱する教育基準をクリアした、国際基準のカイロプラクターが皆様の整体にあたります。

代表パートナー 柴田 泰之(用賀院長)

スパイナルケア院長:柴田泰之

メッセージ

人間の身体は、筋肉、骨格、神経系がお互いに関係しながら1つの機能体として成り立っています。これを人間生活で考えてみると「会社」にたとえることができます。

「身体」を「会社」に当てはめて考えてください。

「会社(身体)」では実に様々な「人々(筋肉・骨格・神経)」が働いています。皆さんが働いているおかげで「会社」は成り立っています。

ところが、誰かが休むとどうでしょうか?その負担が他の人にかかります。

この負担が1・2日続くぐらいなら問題ありませんが、1ヶ月以上ともなると、負担のかかっている「人々(筋肉など)」も体調を崩してしまいます。カイロプラクティックは、これらの筋肉・骨格・神経機能のバランスや異常を整えて、症状を改善させながら健康にしていく整体法です。お休みしている「人々(筋肉・骨格・神経)」を施術によって起こし、「会社(身体)」を正常化し、より健康な状態に持って行くことができる整体です。

もしかしたらあなたの悩みはこのアンバランスが原因かもしれません。何をしても良くならない方は「スパイナルケアという選択」をオススメします。

学歴

  • RMIT大学日本校 (ロイヤルメルボルン工科大学) 卒業 「首席卒 Graduate of The Year (2006)」
  • Carrick Institute for Graduate Studies 臨床神経科学 Doctoral Fellow修了
  • ICCSP 国際スポーツカイロプラクティック学位取得

資格

  • カイロプラクティック理学士(B.C.Sc)
  • 応用理学士(B.App.Sc)
  • 東京女子医科大学 国際統合医科学インスティテュート人材育成コース修了
  • 栄養医学研究所 Clinical Nutrition School 修了
  • Golden Key International Honour Society(ゴールデン・キー国際名誉協会員)

その他

  • 東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック 臨床カイロ学科講師

用賀副院長 竹田祐一

スパイナルケア:竹田

メッセージ

カイロプラクティックは日本以外の先進諸国では認められ、高い実績があります。

しっかりとした検査に加え安心・安全な整体法となっています。海外では病院などでヘルニアと診断された方でも、まずカイロプラクティック整体による保存療法が選択され、手術をしなくてもよくなるケースが多くあります。

しかし日本ではまだ馴染みが薄く、カイロプラクティック認知度は他国に比べると非常に低いと思います。そのため当院ではカイロプラクティックについての説明をさせていただき、理解・納得してもらってから整体に入ります。

そうすることで少しでも多くの方に良い整体を提供できると思います。何か少しでも気になることがございましたらアドバイスなどもできますので、まず一度お話に来ていただくだけでも充分です。

私自身少しでも患者さんの健康維持の手助けができるよう努めていきます。

学歴

  • RMIT大学日本校(現:東京カレッジオブカイロプラクティック)

資格

  • カイロプラクティック理学士(B.C.SC)
  • 応用理学士(B.App.Sc)
  • 栄養医学研究所 Clinical Nutrition School 修了

会員

  • 日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員

カイロプラクター 諸星 智

スパイナルケア:諸星

メッセージ

リラックスこそ最強である

これは高名な合気道の先生からいただいた教えです。私自身、野球、ヨット(470級)、武術(合気道)、トライアスロンとこれまでに複数のスポーツを経験しましたが、”身体の力を抜く”ことで、パフォーマンスの向上のみならず、健康面での大きな変化(睡眠の質の向上、疲れにくい、風邪をひきにくい etc.)を実感してまいりました。科学的な分析が進歩してきて、最近では以前にも増してリラックスの重要性が指摘されるようになってきました。

しかし、現代社会において完全にリラックスすることは非常に困難です。ストレスや誤った身体の使い方により、本人の意思とは関係なく勝手に筋肉が力んでしまうためです。さらにその状態が続くと、自分の身体が力んでいることにさえ気付かず、それが当たり前になってしまいます。慢性的な腰痛・肩こりの始まりです。

カイロプラクティックは、米国発祥以来120年以上続く最高の徒手療法の一つです。カイロプラクティックを通して、「無駄な力み」を無くし、痛みや疲労感のない、気持ちがいい身体と心を手に入れるお手伝いができれば幸いに思います。

施術ポリシー

「病を診るのではなく病人を診る」という言葉があるように、同じ症状に対しても人が異なれば原因も目指す方向も異なると考えています。患者さん1人1人に丁寧に向き合い、主観・客観に加えて個々の背景までも大切にすることで、整体後に笑顔が生まれるような施術を日々心がけております。

学歴

  • 群馬県立高崎高等学校 卒
  • 横浜国立大学大学院工学研究科修士課程 卒
  • 東京カレッジオブカイロプラクティック(TCC:旧RMIT大学日本校) 卒

職歴

  • 日本ヒューレットパッカード株式会社 勤務
  • HOT Chiro TAMACHI 勤務

資格

  • D.C.(ドクターオブカイロプラクティック)
  • 日本カイロプラクターズ協会(JAC) 正会員
  • 日本カイロプラクティック登録機構 登録カイロプラクター(登録番号:0660)
  • Active Release Techniques Soft Tissue Management educational program for UPPER EXTREMITY LEVEL1

浅草カイロプラクティックセンター 院長 石橋幸恵

メッセージ

カイロプラクティック整体では、人がそもそも備えている”治れる力”(=自然治癒力)を高めることが一つの目的となります。

これは、私がこの仕事に関心を持った最初のきっかけでもあり、この整体施術を受ける側の大きな魅力だと考えています。 そのため、お客さんの話をよく伺い、症状のある部位のみではなく身体全体をみさせていただきます。

ちょっとした不調や、女性特有の悩みでも、気軽に話せるカイロプラクターとしてみなさんの健康と元気に貢献したい。自分の身体を大切に思う人が此処にもいると思っていただければ幸いです。

学歴

  • RMIT大学日本校(現:東京カレッジオブカイロプラクティック)卒業

資格

  • カイロプラクティック理学士(B.C.SC)
  • 応用理学士(B.App.Sc)

会員

  • 日本カイロプラクターズ協会(JAC)
  • 正会員国際アプライドキネシオロジー協会(ICAK) 正会員

目黒 IZUMI カイロプラクティック 院長 泉山 耕一郎(代表パートナー)

メッセージ

2011年3月11日、東日本大震災で弟と両親とたまたま帰省していた息子が、岩手と宮城で被災。

弟の車と会社が津波で流されました。 また、大型台風で実家も浸水被害と散々な一年でした。

そうした経験を通して、命や絆の大切さや自分の存在意義・使命について深く考えさせられました。

今自分ができることを一所懸命に取り組んで、目の前の困っている患者さんの健康回復の為に全力で寄り添い、向き合うこと。 これが、そのまま社会貢献であり、世の為人の為になると信じるということが私の答えでした。

多忙でストレスフルな現代社会で奮闘する労働者世代を応援し、末永く安心して健康管理のために通っていただけるメンテナンスヘルスケアセンターを営むこと、それが私のミッションです。

学歴

  • 東京理科大学理学部中退(2001年)
  • RMIT大学日本校健康科学部カイロプラクティック学科卒業(2002~2006年) (世界カイロプラクティック教育審議会(CCE) 認可国際承認(アクレディテーション取得)教育プログラム4年制)

資格

  • B.App.Sc(応用理学士)-Bachelor of Appllied Science(Clinical Science)
  • B.C.Sc(カイロプラクティック理学士)-Bachelor of Chiropractic Science

会員

  • WHO承認、世界カイロ連合(WFC)日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員
  • 日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定カイロプラクター

勤務先

  • 2004~2006 新橋外来センターにてインターン研修にて臨床を積む
  • 2006~2012 自由が丘STARカイロプラクティック勤務 副院長

目黒 IZUMI カイロプラクティック 成田俊輔

メッセージ

手の届く範囲の人を大切にしたいと考え大学卒業後に整体の会社に入社し ました。

運動をしていたので体のことには元々興味がありドンドンとのめり込んで いきましたが、短期間の研修とその後のサロン業務では人の体を本当に変 えるだけの知恵は身につかず、まずは知識をつけようと専門書を読もうに も専門用語がちんぷんかんぷんだった為、両親に頼み込んで仕事を辞めてカイロプラクティックの学校に改めて通わせてもらえることになりました。

カイロプラクティック整体は症状を良くするだけでなく、何故そうなってしまったのかを科学的、哲学的に追い求めていくので自然と相手と深く向き合 うようになります。

その中で仕事内容や趣味、健康感などを総合的に聴いていると相手の色々な背景を知ることになるので、どうしたらそれに沿っ た整体ができ、どんな言葉なら背中を押せるような一言になるだろうかと 考えながら整体をしています。一人一人の全ての方に沿った整体をすることは難しいことではありますが、とてもやり甲斐があり天職だと感じています。

手の届く範囲の人を大切にしたいという思いは今も変わりません。少しでも多くの人が快適に暮らせるようにお手伝いできればと思っています。

  • 「スパイナルケア目黒 IZUMI カイロプラクティック」

学歴

  • 錦城高等学校卒業東洋大学社会学部社会心理学科卒業
  • Tokyo College of Chiropractic卒業
  • 国際カイロプラクティック教育審議会認可(アクレディテーション取得)

資格

  • D.C.号取得(Doctor of Chiropractic)
  • IBCE(国際カイロプラクティック試験委員会)主催SPEC(臨床能力判定 試験)合格
  • WHO承認、世界カイロ連合(WFC)日本代表団体、日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員
  • 日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定カイロプラクター)カイロプラクター登録番号 #0890

ハマカイロプラクティック院長 濱口 貴洋

濱口貴洋

メッセージ

私が初めてカイロプラクティックの専門学校の門を叩いたのは25歳の時でした。それから10年以上が経過しカイロプラクティックや身体に対する私の認識も大きく変わりました。 カイロプラクティック整体は世界44の国と地域で法制化され、世界で最も利用されている代替医療です。

しかし、日本での認知度は低く、正しいカイロプラクティックとそうでないものが存在します。

WHO(世界保健機構)のガイドラインに則った教育を受けたカイロプラクターが正しいカイロプラクティック整体を提供することが、お客様そして世界のカイロプラクターに対する責務だと私は考えています。

その責務を果たすために東京カレッジオブカイロプラクティック(TCC:旧RMIT大学日本校)に入学し直し、もう一度一からカイロプラクティックを学びなおしました。

その中で様々な体の見方というものができるようになり、私もそれを実践することで、今が私の人生の中で最も健康だということを自信を持って言うことができます。

健康であることはすべてのベースとなるものです。仕事をすること、遊ぶこと、食べること、旅行に行くこと、これらすべて健康であるからこそ楽しめるのです。現代社会では多くのストレスがかかります。

しかしストレスは決して悪者ではなく、私たちを活性化するために必要なものなのです。健康であればストレスも自分の力として変換できるのですが、ストレスがかかった時に自分が健康でないと、そのストレスにやられてしまうのです。カイロプラクティックでは神経系を重要視します。神経系の働きが低下するとストレスに対する抵抗力が弱くなってしまいます。しかし、日常生活の中で神経系の働きが低下していることを自分自身で気づくことは困難です。

それを評価できるのがカイロプラクティックという職業です。 健康になってより良い人生を歩むため、カイロプラクティックの整体を大いに活用してください。私に皆様が健康になるお手伝いをさせていただけたら幸いです。

学歴

  • 高知県立高知工業高校 卒
  • 日本カイロドクター専門学院 名古屋校
  • 卒東京カレッジオブカイロプラクティック(TCC:旧RMIT大学日本校) 卒「優秀賞 Academic of the Year」

資格

  • D.C.(ドクターオブカイロプラクティック)
  • 日本カイロプラクターズ協会(JAC) 正会員
  • 日本カイロプラクティック登録機構 登録カイロプラクター(登録番号:0627)

職歴

  • アイシン精機株式会社 勤務
  • 創カイロプラクティック 勤務
  • SUCAPULA 勤務中
タイトルとURLをコピーしました