MENU
ご予約
地図

自律神経の乱れ

症状別解説  自律神経の乱れ

自律神経とは

身体には自律神経と呼ばれ、体を無意識にコントロールしてバランスを保っている神経があります。この自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

交感神経は日中に活動的になる神経で、心拍数の増加や興奮と血管の収縮などに働きます。危険を感じた時にはドキドキして手足が冷たくなります。これはこの交感神経の働きです。

副交感神経とは主に夜から就寝時にかけて働く神経で、無意識に内臓を働かせ体の回復を促すようにコントロールしてくれています。主な役割は心拍数の減少、リラックス、血管の拡張です。眠たいとき、リラックスして手足が温かくなりますよね。これが副交感神経の働きです。

この二つの神経はイラストのようにシーソーの関係にあります。つまりどちらかが上がっていると、もう片方は下がっているということです。普段、緊張状態が続いていたり、ホルモンバランスが崩れていると、このバランスがくずれてどちらかが上がったままになります。

自律神経のバランスが崩れる原因としては日々の生活で蓄積したストレスや睡眠不足が考えられます。

その他には背骨のゆがみも原因となりますので、カイロプラクティックでの調整により改善がみられます。

タイトルとURLをコピーしました