用賀駅から1分の整体院・WHO基準のカイロプラクティックで肩こり・腰痛・骨盤矯正・産前産後ケアに特化したカイロ技術を提供します。

ご予約・お問い合わせ

用賀駅から徒歩1分
カイロプラクティック脊椎ケアセンター

ご予約・お問い合わせ
TEL: 03-5491-7622
初診受付時間(祝日定休日)
平日10:00~20:00 土日10:00~18:00
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5491-7622ご予約・お問い合わせ

開院10周年の感謝をこめて

  1. ホーム
  2. 症例報告
  3. 8.適応外症状(病院紹介)

開院10周年の感謝をこめて

症例報告

8.適応外症状(病院紹介)

側頭部(目の周りから耳にかけて)の頭痛を訴え来院 (40代女性)

42歳 女性 世田谷区在住

 

【左目の周りから耳にかけてピリピリと痛む強い頭痛を訴え来院】

 

2日前から痛むようになった。特に左側頭部から耳の周り、目の周りがつらい。思いあたる原因はない。もともと片頭痛持ちだが、いつもの片頭痛とは違い、ズキズキというよりは、かなり強いピリピリとした痛みが気になる。痛みは寝ていても辛く、枕に顔がこすれても痛む。軽減要素はとくにない。ここまで強い頭痛はいままでに経験したことがなく心配である。

めまい、吐き気、難聴はない。

 

 

【初診時の症状と所見】

・顔面の動きは左右とも問題なし。

・顔面の知覚異常あり

・発赤、発疹は見当たらない

・耳こすり検査(聴覚検査)左右差なし

 

【施術の経過】

カイロプラクティック適応外と考え、施術は行わず病院紹介を行った。

 

【担当カイロプラクターのコメント】

今回の症状はすぐに提携先のアーバンクリニックを紹介するケースとなりました。通常、三叉神経痛に対する帯状疱疹はRamsay-Hunt(ラムゼイ・ハント)症候群と呼び、放っておくと眼球に帯状疱疹が出来失明の恐れもあります。その他にも顔面神経麻痺が残ったり、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる、症状が治っても痛みが時々現れるような重篤なケースが多いので、すぐに病院紹介が必要となります。今回は頭痛が現れてから日も経っていなかったので、水疱(すいほう)等、帯状疱疹の特徴は診られませんでした。しかしながら、「いつもと違う頭痛」「顔の触覚異常」「強すぎる痛み」というのがキーワードがあったため病院紹介に至りました。

私自身も大学時代にそういう例があると聞いていましたが、臨床歴10年以上で初めてのケースでした。「いつもと違う頭痛」「顔の触覚異常」「強すぎる痛み」というのがキーワードとなり、見逃す事無く対応できたのだと思います。

*その後の経過ですが、後日、本人から連絡があり、後遺症もなく完治したと報告をうけました。

 

腰殿部痛を訴え来院(60代女性)

61 歳 女性 主婦 用賀在住


【腰殿部痛を訴えて来院】

3週間ほど前に、背中中央からに痛みが現れた。痛みは2 週間ほど前から強くなり、近所の整体で2回ほど施術をうけたが症状は変わらない。今はじっとしていたも痛みが強く、とくに身体を動かすと痛みが増悪する。最近は寝返りで悪化するため、睡眠不足が続いている。

背中をぶつけたなど、思いあたる原因は特になし。運動は特にしていない。


【初診時の症状】

・胸椎11 番の椎体に強い圧痛あり

・姿勢はやや前傾姿勢、身体を動かすと痛みが増悪

・胸部の痛みと共にお尻あたりにも強い痛みが誘発された。


【施術の経過】

問診を追加。どこかで転んだ記憶は無いか尋ねたところ、丁度、3 週間前に滑って尻餅をついたことがあるという。自発痛もあるので、提携先のクリニックでレントゲンを撮影した。

レントゲンでは胸椎11 番に圧迫骨折がみられたため、説明と提携先の整形外科を紹介。

その後、1 ヶ月後から痛みが楽になったので、リハビリをかねて、週1 回のペースで継続治療中である。


【担当カイロプラクターのコメント】

当初、安静時痛があったので、内臓器系を含む炎症系を疑いました。問診から内臓系はほぼ除外できたので、軽く検査を行なったところ、全方向の運動時に痛みがでることとお尻あたりのズキズキ感などがあったので、脊椎の圧迫骨折(胸腰移行部付近)を考えレントゲン撮影を提携施設でおこないました。今回はカイロプラクティック治療適応外になりましたが、提携施設での迅速な対応によって、悪化もなく患者様にとって良かったと思います。


ご相談、ご予約はこちら

http://www.spinalcare.jp/salon/

腰殿部痛を訴え来院(30代男性)


31歳 男性 会社役員 駒沢在住 

【腰殿部痛を訴えて来院】
 夜、横になると、腰部や殿部の筋肉が勝手にギューッと縮むような感じになって、朝まで眠れないことが週2回位の頻度で起こっている(この頻度は3週間程前から)。眠れないため仕事に支障があり、今週は休みをとって回復に努めている。日中に症状はない。この症状は約10ヶ月から始まり、整形外科では問題なしとのことだったが、3ヶ月に1回程度の頻度で繰り返していた。

【初診時の症状】
・腰部に起因すると思われる姿勢の傾き(アンバランス)がみられる
・腰部運動では腰部骨盤股関節のあたりにつっぱり感やツリ感が誘発される
・腰部骨盤股関節に関連する筋機能のアンバランスがみられる

【施術の経過】
 問診の内容から、症状は一般的な筋骨格系の問題以外の、例えば内蔵からの関連痛などの疑いがあった。カイロプラクティック治療により筋骨格系の調整をしたところ、2日後の来院時には、自覚症状は改善し、出勤もできるようになっていた。しかし、大腸に関連するとされる筋の著明なアンバランスが残存したため、念のため専門医の受診を勧めていた。約1ヶ月後にご本人から連絡があり、総合内科を受診したところ、大腸の腫瘍が早期発見できたという旨の連絡をいただいた。

【担当カイロプラクターのコメント】
 スパイナルケアでは、患者様の症状がカイロプラクティックの業務範囲か否かを判断し、必要に応じて専門医への紹介を行っている。今回のケースでは、カイロプラクティック治療により一時的に自覚症状は改善しても、アンバランスという形での身体のサインに早い段階で気付いたことが腫瘍の早期発見につながった。プライマリ・ケアとしての役割もできる限り果たせるよう、私たちは常に勉強しています。ご来院いただく患者様の健康に、少しでも寄与できれば幸です。

激しいめまいを訴え来院(30代女性)


36歳女性(主婦) 駒沢在住

めまいを訴え来院
症状は3日前から気になっており、徐々に悪化しているような気もする。めまいは一度でると十数分出ている。まわりがぐるぐる回るような感覚で、吐き気も伴う。首を動かすのはかなり辛く、寝返りでもつらい。思い当たる原因は特にない。2週間前から風邪気味で、先週は1週間高熱で寝込んでいた。耳鳴り難聴などは感じない。以前、めまいをカイロプラクティックで治してもらった事があるので、今回も受診した。


【初診時の症状】

・首を動かすと激しいめまいの誘発あり
・めまい誘発時眼振あり
・体温36.7℃


【施術後の経過】

めまいの質と時間、また最近、風邪を引いていることを考慮し、施術は行わず、前庭神経炎を疑い耳鼻咽喉科を紹介した。
後日、耳鼻咽喉科から返信が届き、ウイルス性の前庭神経炎と診断され、治療中である。


【担当カイロプラクターからのコメント】

今回は、めまいの持続時間(十数分以上と長いこと)と、めまいの強さ(嘔気を伴うなど)、さらには風邪を引いていたことを考え、前庭神経炎の疑いをつけました。
カイロプラクティックで改善する、めまいに「頚性めまい(首が原因のめまい)」がありますが、こちらのめまいは同じように首を回すと誘発されますが、持続時間はそれほど長くないのがふつうです。また、眼振(目が無意識で動く)も頚性めまいでは合併することは少ないのも特徴です。

めまい・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれ・産前、産後の症状でお悩みの方に世田谷区・桜新町・用賀の整体・カイロプラクティック治療院スパイナルケアと症状インフォメーション

肩こりを訴え来院(40代女性)


40歳 女性

【肩こり・全身のつかれを訴え来院】
若い頃から肩こり持ちであるが、ここ最近は歳のせいか、疲れも酷くなってきた。症状は両肩がつらい。あまりにひどいのでマッサージを週2回ほど受けてみたが、直後は良いが、しばらくすると症状が戻ってくる。また、夏の暑さのせいか、食欲がないが、むくみがあるせいか、体重はほとんどかわらない。とくに意識して水分をとるなどはしていない。また疲れのため体がだるく、やる気もおこらない。もともと冷え症であり、クーラーに当たると症状がさらにひどくなる。


【初診時の症状】
・乾燥肌
・首から肩甲骨、背中のすべてで鈍い痛みあり
・足のむくみあり


【施術後の経過】
問診とむくみから甲状腺の問題を疑う。甲状腺機能の問題があっても、カイロプラクティック治療は禁忌ではないので、通常通り、肩こりに関わる姿勢や、動きの悪い関節を調節していく。2週間後の来院で、甲状腺機能低下症だったと報告を受けた。医療機関での治療と並行して、自律神経のバランスを整える調整を継続している。


【担当カイロプラクターからのコメント】
甲状腺機能低下症と判断し、都内の甲状腺科を紹介しました。やはり、甲状腺の数値が低かったようです。その後は医師の判断で治療をうけながら、カイロプラクティック治療で、自律神経のバランス、さらには骨格筋のバランスを整え、症状は楽になっていきました。
カイロプラクティック治療で、直接甲状腺に調節は行えませんが、背骨の調節を通して、自律神経のバランスを良くして、血流が改善し、冷えやむくみなどが良くなることがあります。

自律神経失調症・腰痛・肩コリ・頭痛・しびれ・産前、産後の症状でお悩みの方に世田谷区・桜新町・用賀の整体・カイロプラクティック治療院スパイナルケアと症状インフォメーション

右腰から右下肢にかけての痛み(40代男性)

44歳 男性 桜新町在住

【右腰から右下肢にかけての痛みを訴え来院】
症状は3日前から現れている。特に思い当たる原因はない。以前から腰痛持ちだったが、足へのしびれは初めてである。痛みは右腰部を中心にして、足、特にふくらはぎ外側が、電気が走るように痛む。症状は若干の波があり、痛みが全くないときもある。一日の中で症状がもっともひどいのは朝。痛みのためなのか、トイレに行く回数も増えた気がする。整形外科ではレントゲン、MRIにて椎間板ヘルニアと診断された。

【検査所見】
・足挙げ検査(SLR)70度 陰性
・体位の変化で大きな症状の変化なし(そり腰で若干痛みが強くなる)
・うつぶせ、仰向け姿勢でじっとしていても痛みあり 痛みのため脂汗がでている。
・マーフィーパンチ陰性

【施術後の経過】
検査で、症状の誘発や悪化・軽減要素がないことと、脂汗をかくような痛みが続いていることから考え、病理的な問題を考え提携病院を紹介。
検査結果で尿管結石と診断。その後は泌尿器科での治療を行い寛解。以後、水分や食生活を注意して
経過観察を行っている。

【担当カイロプラクターのコメント】
尿路結石は、肉類や糖質のとりすぎ、カルシウム不足、過度の飲酒によって起きやすい症状です。通常、腰や臀部の痛みですが、今回のように下半身へしびれがでている場合、尿管が結石によって炎症がおこり、外腸骨動脈に炎症を起こして症状が現れていたのかも知れません。いずれにしろ、「症状の誘発が出来ない。」「高度の痛みで脂汗がでている。」など、筋骨格系の問題とは思えない症状が出ているので、病院を紹介しました。

腰痛・足のしびれでお困りの方は
スパイナルケア

骨盤と股関節の激しい痛み(20代女性)


29歳女性(中国国籍) 妊娠9週目 

 

【骨盤と股関節の痛みで来院】

妊娠9週目で来院。
来院5日前から骨盤付近に痛みがあらわれ、3日前から太ももまで痛みが広がり、血色も悪くなった。
スパイナルケアを来院前に緊急外来で検査を受けたが、妊娠中と言うこともあり、産婦人科を受診するように指示された。
来院当日、痛みが強いので腰に関係するカイロプラクティックを受けてみることにした。

 【初診時の症状】

左足の腫脹あり 色はどす黒い赤色 熱感無し

 【施術後の経過】

施術は行わず、見た目、触診で循環器の問題と判断。定期健診を行っている産婦人科に紹介状を書きすぐに受診してもらいました

 【病院での診断名】

左大腿深部静脈血栓症

 【担当カイロプラクターのコメント】

通常、妊娠16週前は不安定期になるので、慎重なカイロプラクティック治療が必要です。、
実際、循環器の問題。ということしかわからず、少しお待たせして調べて深部静脈血栓症の疑いが強いと判断しました。
行きつけの病院ではすぐに循環器科を紹介。入院となりヘパリン治療を受けたそうです。

深部静脈血栓症は別名:エコノミークラス症候群と呼ばれることもあり、長時間の圧迫などで鬱血し起こることがあります。
妊婦さんのケースもまれにあるそうで、特にエストロゲンホルモン治療などを行っている人に多いようです。
妊娠中は血液凝固機能が亢進し線溶系の低下もありますので、妊娠子宮の圧迫による静脈血流停滞などにより血栓が作られやすい状態にあります。
普段と違う痛みを感じた時はすぐにかかりつけの病院へ行ってください。

 

腰痛・肩コリ・頭痛・しびれでお悩みの方はこちらへ
スパイナルケア
http://www.spinalcare.jp/